Nordi Aut 錬金ニルフ

 錬金ニルフはカード1枚で安定して高い点数を出すことができるデッキです。特徴としては“奴隷監督”“ダズホグのルーン石”などの入手効果や乱数に左右される効果が多数含まれるため、柔軟性の高いゲーム展開が可能であると同時に、賭けに悩まされることが多々あります。

デッキリスト

リーダーカード

ゴールドカード




シルバーカード






ブロンズカード






デッキ解説

 第1ラウンドから可能な限り“ヴィコヴァロの低級魔道士”から“マハカムのエール”をサーチするなど、デッキの圧縮を早めに行う必要があります。“ヴィコヴァロの低級魔道士”を使用する際に“軟膏”を無駄にしないようにに注意が必要です。
 本デッキの強力なコンボとして、“ジャン・カルヴェイト”“マンドラゴラ”でベースアップすることで、後のラウンドで“カヒル・ディフリン”から復活する動きは高い点数が期待できます。

 錬金ニルフも様々な類型が存在するデッキであり、“カヒル・ディフリン”を採用せずに、“ローチ”を加えてベースアップするプランもあります。また、ゴールドカードの枠として、“ヴィルジフォルツ”“ステファン・スケルン”“草の試練”が採用されている型などもあります。

参考

GwentDB 『Triss-Teleknesis I Alchemy』
GwentUp 『Meta Report #13, 07–13 Apr』