【グウェント初心者ガイド】カードランク表付き タル開封完全ガイド

2018年7月更新 対応バージョン0.9.24 momen著

 タル開封時の5枚目のカードの3択で、どれを選んだら良いのかわからない!紙片が溜まったけれどどのカードを生成したらいいか迷う!そんなときにこちらのガイドを御覧ください。レアカードランク表とその解説を掲載しました。

タル開封画面の見方

 タル開封時の5枚目のカードを3択で選ぶ際に、所持数下に小さい数字がありますが、これは「プレミアムカードとノーマルカードの両方を合わせた現在の所持数」です。

※ただし1箇所、「スターターパック」から引けるプレミアムゴールドカードの3択場面では、これが表示されません。(修正されている可能性あり)なので、もしスターターパックを購入する場合は、所持しているゴールドカードを事前に確認しておくと良いでしょう。

カードレアリティと粉砕・生成紙片

タル開封のおともに カードランク一覧

 編集部の熟練プレイヤー達による5段階評価の平均をスコアとしました。ソート可能な表になっていますので、カード選択時の目安にお役立て下さい。
 別ページに低予算デッキの紹介がありますのでそちらも参考にして下さい。→現在準備中

※水色は初期所有カードです。



ブロンズカードについて

 ブロンズのレアカードは単純な点数を付けづらいものが多いため、ほとんど使われないカードのみを一覧としました。まずはこれらを避け、作りたいデッキに応じてカードを集めるとよいでしょう。


勢力 カード名
中立 スタメルフォードの激震
中立 アドレナリン分泌
中立 疫病
中立 ディメリティウムの枷
中立 ペトリの魔法薬
中立 高鳴き
中立 慄然たる叫び
中立 カラスの眼
中立 ドップラー
中立 岩投げ
中立 最高級の槍
中立 胞子
中立 民兵団
モンスター 氷の巨人
モンスター ラミア
モンスター 人虎
スケリッジ ヘイマイの薬草師
スケリッジ アン・クライトの賊徒
スケリッジ 激高の狂戦士
スケリッジ ドラムンドの戦争狂
スケリッジ ディムンの密売人
北方諸国 血塗られたフレイル
北方諸国 巻き上げ機
北方諸国 黄泉の女魔術師
北方諸国 エイダーン軍の鎚使い
北方諸国 呪いの騎士
北方諸国 バン・アルドの教官
スコイア=テル エルフの刃
スコイア=テル 圧殺の罠
ニルフガード 奴隷監督
ニルフガード 変装の達人

高評価カード解説

 上記カードランク表から特に高評価のものを一部紹介します。

中立カード

シリ:ノヴァ 評価点:4.9

効果:
あなたのデッキに最初から組み込まれているブロンズカードがそれぞれ2枚ずつの場合、自身をベース戦力値を22に変える。

解説:
シリ:ノヴァは発動条件を満たすデッキを組む必要があるが、単体で22点という最強クラスのフィニッシャーだ。


トリス:念術師 評価点:5.0

効果:
何れかのプレイヤーのデッキに最初から組み込まれているブロンズ「スペシャル」カード1枚を入手してプレイする。

解説:
デッキに「偵察」を入れているなら、トリス:念術師は安定して強い力を発揮してくれる。勢力を問わず様々なデッキに入り、扱いやすく、トップクラスのデッキにも使われている。


ゲラルト:イグニ 評価点:5.0

効果:
何れかの敵陣列にある全ての最強ユニットを破壊する(但しその列の合計戦力値が25以上の場合に限る)。

解説:
遅かれ早かれ、あなたは相手のゲラルト:イグニで大量の戦力値を失うことになる。ユニットを配置する場合にまず警戒するのがイグニ、というくらい代表的な強カード。相手にあまりダメージを与えないタイプのデッキならまず採用を考えていいだろう。


ダンディリオン:詩人 評価点:5.0

効果:
カード1枚を引いた後、カード1枚をプレイする。

解説:
前述の二枚と共にダンディリオン:詩人も汎用性の高いカードだ。山札を多く引いていきたいデッキに特に合っている。5点という点数も申し分ない。


焦土 評価点:5.0

効果:
全ての最強ユニットを破壊する。

解説:
焦土は強力だが自陣も効果範囲なので入れるデッキや使うタイミングに注意しよう。間違えて自陣ユニットを焼いてしまうのは誰もが通る道。


進軍命令 評価点:4.7

効果:
あなたのデッキにあるゴールドでない最弱ユニット1体に2ブーストを与えた後、プレイする。

解説:
低い戦力値のカードは多くがサーチカードなので、進軍命令によってデッキがさらに安定して機能するようになる。戦術のタグが付いているのでこれをサーチできるカードもいくつかあり、次々とカードを引っ張ってくるピタゴラ的な動きをすることができる。


アルズールの複十字 評価点:4.5

効果:
あなたのデッキにあるゴールドでない最強ユニット1体に2ブーストを与えた後、プレイする。

解説:
アルズールの複十字は戦力値13であるCA密偵(※後述)をサーチする目的や、キーカードが高戦力値の場合に用いる。こちらもデッキを確実に機能させるために非常に重要な役割を果たす。


マンドラゴラ 評価点:4.7

効果:
1つを選択:ユニット1体を回復させ、6ベースアップを与える;ユニット1体を初期化し、6ベースダウンを与える。

解説:
マンドラゴラなどのベースダウン効果で破壊されると、消滅となり復活させることができず、遺言も発生しない。こちらのユニットをベースアップさせておいて復活時に大きな戦力を得ることもできる。もちろん大きなブーストを得た相手を初期化してもよく、用途が広く強力な錬金術カード。


モンスターカード

ブリュエス:儀式 評価点:4.9

効果:
遺言アビリティを持つブロンズユニット2体を復活させる。

解説:
ブリュエス:儀式は遺言ユニットをデッキに入れる必要があるが、ゲームを決める力を持つ。これが有るのと無いのとでは遺言デッキのパワーが段違いだ。


世話人 評価点:4.7

効果:
対戦相手の墓地にあるゴールドでないユニット1体を復活させる。

解説:
墓地を利用するスケリッジの天敵である、世話人は入れるデッキを選ばず使えるだろう。特にワイルドハントの騎兵+氷霜+イリスとのコンボはよく知られている。


ゲールズ 評価点:4.7

効果:
あなたのデッキにあるゴールドとシルバーカード1枚ずつを無作為に選んで見た後、1枚をプレイし、他方をデッキの一番上に戻す。

解説:
サーチカードのゲールズは使いやすく、山札が多く残ってしまうデッキでは特に役に立つはずだ。実はワイルドハントなので、ワイルドハントの帆船やニスラルの効果の影響を受けることもできる。


モルヴッド 評価点:4.3

効果:
ユニット1体の封印状態を切り替える。敵の場合、戦力値を半減させる。

解説:
モルヴッドは各勢力に用意された封印ユニットの中では、特に強力かつ使いやすい性能。封印ユニットは相手に効果持ちのユニットがいないと戦力にならない場合が多いが、これは多くの相手に対して有効に働くことができる。


怪物の巣 評価点:5.0

効果:
ブロンズ「屍食」又は「昆虫種」ユニット1体を生成し、1ブーストを与える。

解説:
怪物の巣はバルベガジで継戦、グールで高戦力値、ドラウナーで災禍と合わせるなど状況に合わせて使える汎用的なカード。


スケリッジカード

ヒム 評価点:5.0

効果:
1つを選択:あなたのデッキにあるゴールドでない「呪縛」ユニット1体をプレイする;対戦相手のデッキに最初から組み込まれているシルバーユニット1体を入手してプレイする。

解説:
ヒムは呪縛ユニットを連れてくるだけでも強力な上に、相手のシルバーユニットを使うこともできるパワーカード。こいつに使われるせいで入れづらくなっているカードもあるほど。


コーラル 評価点:5.0

効果:
ゴールドでないユニット1体を《翡翠の小像》に変身させる。

解説:
高戦力値のユニットが多い現状、コーラルはスケリッジのほとんどのデッキで使われている。変身なので復活も妨害でき、小縮魔術を生成するわけではないのでアグレイに利用されることもない。


蘇生 評価点:5.0

効果:
あなたの墓地にあるゴールドでない「スケリッジ」ユニット1体を手札に戻し、破滅カテゴリを付与してベース戦力値を8に変える。その後、カード1枚をプレイする。

解説:
スケリッジの初期カードには蘇生の対象として強いカードが無いため強さがイメージしづらいかも知れないが、いくつか存在する戦力値1のユニットを蘇生させるとゴールドカード並みの戦力値を出すことができる。全シルバーカードの中でも屈指のポテンシャルを持つカードだ。


シグルドリファ 評価点:5.0

効果:
何れかのスケリッジ一族に属するゴールドでないユニット1体を復活させる。

解説:
シルバーユニットを復活できるシグルドリファが弱い訳がない。復活対象の「何れかのスケリッジ一族」とは、〇〇一族とタグに表記されているユニットのこと。つまり、狂戦士の賊徒や世界王者トロールなどを復活することはできないのでその点は注意が必要だ。


スヒャール 評価点:4.8

効果:
あなたのデッキにあるゴールドでない「呪縛」ユニット1体を無作為に選んでプレイする。

解説:
スヒャールは戦力値5と高めに設定されたサーチカードだ。前述のヒムとも合わせてよく使われ、CA密偵のウダルリックなどの呪縛ユニットをサーチしてくる。ウダルリックは特殊なカードなので後のCA密偵の項目を参照のこと。


北方諸国カード

ガレットのセルトカーク 評価点:5.0

効果:
3アーマーを持つ。敵ユニット1体と決闘する。

解説:
セルトカークは使うデッキを選ばず高い点数の仕事をしてくれる。特にフォルテスト王と合わせることで決闘は更に強化される。性能には関係ないが、プレミアムカードは一見の価値あり。


シギスムンド・ディクストラ 評価点:4.7

効果:
密偵を持つ。あなたのデッキにあるカード2枚を無作為に選んでプレイする。

解説:
ディクストラは山札に残っているカードをよく確認して、事故を起こさないように使えばゲームを決める強さがある。


シャニ 評価点:4.7

効果:
ゴールドでなく「呪縛」でないユニット1体を復活させ、2アーマーを与える。

解説:
北方諸国には生き残ると戦力を増やしていくカードが多くある。そういったものをシャニで復活させると、アーマーも付与されるため倒すことがいっそう困難になる。ヘンセルト王との相性も非常に良く、安定してリーダーを使えるようになる。


不屈のロンヴィッド 評価点:4.8

効果:
乗組員を持つ。ターン終了時に戦力値1で無作為に選んだ列に復活する。

解説:
常に搭乗を確保してくれるロンヴィッドは兵器を使う際には必須級の強さを持つ。相手が使ってきたら封印などで無力化しよう。


ステニス王子 評価点:4.7

効果:
3アーマーを持つ。あなたのデッキにあるゴールドでなく密偵を持たないユニット1体を無作為に選んでプレイし、5アーマーを与える。

解説:
ステニス王子をシャニで復活させる動きは北方の定番コンボ。アーマーが大量に付くのでアーマーデッキに特に有効だ。


援軍 評価点:4.8

効果:
あなたのデッキにあるゴールドでない「兵士」「兵器」「将校」又は「支援」ユニット1体をプレイする。

解説:
援軍はキーカードが引けないと困るデッキにおいては必須の高性能サーチカード。ロンヴィッドや刺青隊の斥候を引いてくるためによく使用される。


スコイア=テルカード

シーヒル 評価点:5.0

効果:
《焦土》又は《疫病》を生成する。

解説:
焦土の使い方がわかってきた(あるいはわからされた)プレイヤーならシーヒルの強さがわかるだろう。スコイア相手に最強ユニットの数値を揃えてしまうとエモートと共にこいつが飛んでくる。


アグレイ 評価点:4.9

効果:
対戦相手の墓地にあるゴールドでない「スペシャル」カード1枚を復活させた後、それを消滅させる。

解説:
アグレイは相手の偵察を奪うだけで簡単に20点ほどの戦力となり、シルバースペシャルや効果的なカードを奪えればさらに強力となり得る化物カードだ。


アイセングリム:無法者 評価点:4.4

効果:
1つを選択:あなたのデッキにあるゴールドでない「スペシャル」カード1枚を入手してプレイする;シルバー「エルフ」ユニット1体を入手してプレイする。

解説:
無法者は戦力値でみれば大したことはないが、山札から小縮魔術や焦土などの相手の弱点を突くカードをサーチしたり、晴天を使えるアイダ・エミアンや封印できるシアランなどを発見することができる利便性の高いカード。


バークレー・エルス 評価点:4.5

効果:
あなたのデッキにあるゴールドでない「ドワーフ」ユニット1体を無作為に選んでプレイし、3ベースアップを与える。

解説:
ドワーフが入るデッキにはバークレーは是非とも欲しい。稼ぐ戦力値も多く、山札も掘り進めてくれる。専用にデッキを組む必要はあるが、ブルーヴァー+バークレー+クリーヴァーのコンボはとんでもない戦力値を叩き出すことで有名だ。


エイブヒア・ハットリ 評価点:4.5

効果:
このユニットより戦力値が高くなくゴールドでない「スコイア=テル」ユニット1体を復活させる。

解説:
ハットリは特にバークレーを復活させることが多い。手札でのブーストや、おとりなどでさらに高い戦力値のカードを復活させることも可能だ。


ニルフガードカード

ヴィルジフォルツ 評価点:5.0

効果:
味方ユニット1体を破壊した後、あなたのデッキの一番上にあるカード1枚をプレイする。若しくは、休戦:敵ユニット1体を破壊した後、対戦相手はブロンズカード1枚を引いて公開する。

解説:
ヴィルジフォルツはニルフガードのエースで、切り札として素晴らしい戦力となる。味方破壊により復活の対象を作れる点も便利。


カヒル・ディフリン 評価点:5.0

効果:
「リーダー」ユニット1体を復活させる。

解説:
カヒルは効果が明快で強力。事前にリーダーをベースアップしておくこともある。第3ラウンドに入る前にリーダーを使用しておくことを忘れないように。


ステファン・スケルン 評価点:3.9

効果:
あなたのデッキにある任意のカード1枚を一番上に移動させる。それが密偵を持たないユニットである場合、5ブーストを与える。

解説:
ステファンは一見地味だが、ゴールドやキーカードをサーチしつつ戦力値を持ち越すことができるという効果は強力。対応型のデッキでは特に様子見、待ちの一手として重宝されている。


アシーレ・ヴァル・アナヒッド 評価点:4.8

効果:
何れかの墓地にあるゴールドでないカード2枚をそれぞれのデッキに戻す。

解説:
アシーレは用途が幅広く、使いこなすのに経験が必要なカードだが、非常に強力に働くので持っておいて損はない。わかりやすい使い道は、ローチをデッキに戻して再利用するというものがある。どう使えば効果的なのか、試合の中で試行錯誤してみてほしい。


ピーター・ザール・グィンリーヴ 評価点:3.3

効果:
味方ユニット1体を初期化し、3ベースアップを与える。若しくは、敵ユニット1体を初期化し、3ベースダウンを与える。

解説:
ピーターは現環境上位のデッキではあまり使われていないため評価点は高くはないが、汎用性が高くデッキに入れやすいため記載した。初期化能力は相手によってはかなり強力に作用するということを学べるだろう。あえて生成するほどではないが、初心者のデッキに加えるカードとしてはおすすめだ。


特殊なカード

天候魔術師

アバヤ グレミスト デスモルド アイダ・エミアン ヴァンヘマー
4.2 4.2 5.0 5.0 4.3
晴天/豪雨/
アラキスの毒
晴天/豪雨/
慄然たる叫び
晴天/豪雨/
アルズールの雷撃
晴天/濃霧/
アルズールの雷撃
晴天/氷霜/
高鳴き

 各勢力には「晴天」「災禍」「何らかの効果」から1つ選んで生成することのできるシルバーユニットが1枚ずつある。これらは特に有用なため、意識してタルから選んだり生成すると良いだろう。

CA密偵

フライテナー ウダルリック ザラー ヤエヴィン カンタレラ

評価点:全て5.0

 カードを1枚引くことができるCA(カードアドバンテージ)密偵は、ある程度慣れたプレイヤーのほとんどのデッキに入るほど重要なカードだ。初めは使用場面が難しいかもしれないが、持っておくと後で必ず役に立つ。
 詳しくは別ページにて解説があるので、そちらを御覧ください。→現在準備中

禁断の技!1勢力残し全粉砕

注意:この手段はおすすめしません
 グウェントの初期カードはリーダーを含め粉砕し紙片にすることができてしまいます。使うと決めた1勢力以外を全て粉砕し、カードタルからの選択でも勢力を絞ることで比較的早く1つのデッキを完成させることができます。
 しかし、グウェントはランクマッチ報酬、デイリークエスト、ラウンド勝利報酬などでかなり多くの資産が手に入るため、ある程度このゲームを続ける意志があるなら、やめておいたほうがいいでしょう。
 「初期の資産では不満が大きく」「課金する気もなく」「このままではアンインストールする」という方は検討してもいいかもしれません。