【グウェント初心者ガイド】プレイガイド付き 低予算デッキ紹介

2018年8月更新 対応バージョン0.9.24 Yakin著

 ここでは、初期カードを軸にして組むことのできる低予算デッキを各勢力ひとつずつ紹介します。基本的には初期カードにブロンズカードを追加するだけでデッキとして機能するようになっています。資産が足りない場合は「【グウェント初心者ガイド】カードランク表付き タル開封完全ガイド」を参考に徐々にカードを生成し追加していって下さい。
 デッキによって以下のように組みやすさ(低予算度)や使いやすさに少し違いがありますので、どの勢力を使うかを選ぶ際に参考にして下さい。迷った場合はタルを開けて当たったゴールドカードと同じ勢力のデッキを使うのがオススメです。

 戦い方については各デッキに特有のポイントに絞って記述しました。全デッキに共通する基本的な事項については、グウェントの基本的な戦術について(準備中)を参照してください。

霧モンスター

リーダーカード

ゴールドカード




シルバーカード






ブロンズカード







特徴

 敵陣地に濃霧を張り、じわじわと相手を追い詰めていくデッキです。初期カードのダゴン森の精霊ヴェダメカーエンシェント・フォグレット濃霧とのシナジーを持った強力なカードであり、ブロンズカードのフォグレットグールを追加することで実践級のデッキになります。

カード生成優先順

    フォグレット > グール > トリス:念術師 > フライテナー > 怪物の巣 > 橋トロール >>世話人

 トリス:念術師は他勢力のデッキでも使えるため優先度を高くしましたが、しばらくモンスターだけを使うつもりなら後回しでも良いです。
 世話人は自由枠なので、他のゴールドカードで代用しても問題ありません。ただしゲラルト:イグニ濃霧との相性が悪いため採用しない方が良いでしょう。ダンディリオン:詩人フォグレットを引いてしまう可能性があるためあまりオススメしませんが、うまく使えればこのデッキでも強力です。

戦い方

 マリガンではフォグレットローチをデッキに戻します。またグールは2R目以降で活躍するカードなので、他のブロンズカードより優先的にデッキに戻します。濃霧は単体では弱いカードなので、他に濃霧を生成できるカードが手札にある場合はデッキに戻します。
 1R目はフィーンドエンシェント・フォグレットで様子を見つつ、相手が戦力を集めてきた列に濃霧を張ります。濃霧を張ることのできるカードが複数ある場合は、基本的に公開情報であるリーダーのダゴンから使っていきます。
 また、闇雲に複数の濃霧を張るのは、晴天されたとき大きな損失になります。相手の晴天を想定しつつ、常に1~2列の濃霧が相手にダメージを与える状態を維持するように意識して下さい。
 2R目以降は、墓地にあるフィーンドエンシェント・フォグレットグールで捕食することで大きな打点を出すことができます。長期戦が得意なデッキなので、1R目を取っている場合は2R目は即パスでも良いでしょう。
 指揮官の角笛は基本的に森の精霊イフリットと組み合わせて使います。指揮官の角笛がデッキに残っている場合は森の精霊イフリットを温存することも考えて下さい。
 相手の焦土ゲラルト:イグニはこのデッキにとって脅威です。なるべく自陣のユニットの最高戦力値が揃わないように心がけて下さい。

デッキの改良

 強力な(目安はスコア3.0以上)ゴールドカードが手に入ったら、勅令と入れ替えましょう。
 対戦相手のレベルが上がってくると、相手は2枚目以降の濃霧を無力化するために全てのユニットを1列に集めてくるかもしれません。そのような相手が多い場合にはドラウナー切り裂きを採用してみましょう。
 残念ながら、濃霧だけを軸にしたモンスターはデッキパワーに限界があります。最終的には好みに応じて月明かりモンスターか遺言モンスターへの移行を目指すと良いでしょう。

テメリア北方

リーダーカード

ゴールドカード




シルバーカード






ブロンズカード






特徴

 北方諸国らしい数で圧倒する戦い方ができるデッキです。初期カードに刺青隊の斥候刺青隊の精鋭兵を追加することでよってデッキパワーが一気に高くなります。

カード生成優先順

    刺青隊の斥候 = 刺青隊の精鋭兵 > クリンフリッド団の斥候 > 進軍命令 > 援軍 > デスモルド > ゲラルト:イグニ > ガレットのセルトカーク

 ゲラルト:イグニガレットのセルトカークは自由枠なので、他のゴールドカードで代用しても問題ありません。ただしダンディリオン:詩人刺青隊の精鋭兵テメリア軍の歩兵を引いてしまう可能性があるためこのデッキとはあまり相性が良くありません。

戦い方

 マリガンでは刺青隊の斥候テメリア軍の歩兵ローチをデッキに戻します。ただし、テメリア軍の歩兵は1枚までなら手札にキープしても問題ありません。刺青隊の斥候を3枚出せる手札が理想です。
 1R目は刺青隊の斥候を出すことで刺青隊の精鋭兵を呼び出し、デッキ圧縮とデッキの強化をしながら打点を出していきます。刺青隊の斥候を3枚すべて出し切るのが理想で、クリンフリッド団の斥候援軍進軍命令を駆使することで高い確率でそれが可能です。
 刺青隊の斥候は搭乗を持っているので、二枚並べて配置することで強化バリスタの能力を最大限に発揮できます。ただし、相手のゲラルト:イグニでこちらの刺青隊の斥候刺青隊の精鋭兵をまとめて燃やされないように気をつけて下さい。
 テメリア軍の歩兵はこのデッキの切り札です。1R目に出してデッキを圧縮したくなりますが、我慢して終盤に残しておくのが多くの場合正解になります。マリガンで手札に2枚引いてしまわないように気をつけて下さい。
 このデッキは3つのラウンドをすべて戦うのは苦手です。1R目をなるべく長く戦い、2R目は即パス、3R目を短期決戦に持ち込んでテメリア軍の歩兵ガレットセルトカークで勝負するのが基本プランになります。
 フォルテストを出すタイミングはこのデッキの難しいポイントの1つです。なるべく序盤のうちに出しておきたいのですが、1R目の初手に出すのは無難なように見えて実は危険です(特に先行の場合)。なぜなら、相手が次の1手で高い点数を出してきた場合、次にこちらが1手で返せなくなり、手札差がついてしまう恐れがあるからです。フォルテストを出すことで10点程度リードを奪えるようなタイミングで出すように意識すると良いでしょう。
 トリス・メリゴールド強化バリスタと組み合わせることで相手の厄介なユニットを除去することができます。無駄遣いしないようにしましょう。

デッキの改良

 強力な(目安はスコア3.0以上)ゴールドカードが手に入ったら、トリス・メリゴールドプリシラのうち使いにくいと思った方と入れ替えましょう。
 指揮官の角笛はこのデッキとの相性は良いのですが、それでも使いにくく感じる場面が多いと思います。強力なカードが手に入ったら早めに入れ替えると良いでしょう。
 ローチは手札事故を起こしやすいためこのデッキとはあまり相性がよくありません。こちらもなるべく入れ替えたいところです。
 テメリア軍の鼓手強化バリスタは好みのブロンズカードと入れ替えても大丈夫です。
 このデッキの完成形は現環境の上位デッキのひとつです。少しずつデッキを強化していけば上位ランクに到達できると思います。

ドワーフスコイア

リーダーカード

ゴールドカード




シルバーカード






ブロンズカード






特徴

 スコイアの初期デッキは他の勢力より使いやすい構築になっていますが、マハカムの守備隊はやや扱いにくいユニットです。代わりにドワーフの扇動者を採用することで断然使いやすく安定感のあるデッキになります。

カード生成優先順

    ドワーフの扇動者 > アイダ・エミアン > バークレー・エルス > トリス:念術師 > ダンディリオン:詩人

戦い方

 マリガンではマハカムの義勇兵ローチをデッキに戻します。ドワーフの扇動者がなるべく多く手札にほしいです。ドワーフの散兵マハカムの守衛をある程度手札にキープすることでドワーフの扇動者からマハカムの義勇兵が出やすくなるため、これらのカードより偵察日の出を優先的にデッキに戻すと良いでしょう。
 1R目ではまずドワーフの扇動者からマハカムの義勇兵を出してデッキを圧縮する動きを狙います。リーダーのブルーヴァー・ホーグからドワーフの扇動者を呼び出してこの動きを狙うこともできます。
 デニス・クランメルは1手目に出したくなりますが、ドワーフの扇動者でユニットを展開してから出した方が得です。
 ヤーペン・ジグリンも最初に出したくなるユニットですが、大抵の場合アルズールの雷撃などで落とされてしまい空振りに終わってしまいます。相手がアイダ・エミアンなどの除去カードを使った後に出す、相手がパスしてきたときにヤーペン・ジグリンで返してラウンドを取る、など工夫をしたいです。
 トリス・メリゴールドドワーフの散兵と組み合わせることで相手の厄介なユニットを除去することができます。無駄遣いしないようにしましょう。
 このデッキは常に安定して打点が出せるため、3つのラウンドを満遍なく戦うのが得意ですが、ロングラウンドは苦手です。実は全体のゲームプランが難しいのですが、初めのうちは(1Rを取った場合でも)2R目を積極的に戦ってみることを個人的にはオススメします。

デッキの改良

 ヤーペン・ジグリンは除去されやすくなかなか活躍してくれないと思います。エイブリア・ハットリポーリー・ダールバーグの方が使いやすく強力です。
 マハカムの守衛ドワーフの傭兵と入れ替えてもOKです。その場合ゲラルト:イグニを採用するのも面白いです。
 残念ながら、ドワーフだけを軸にしたスコイアは現状トップクラスの結果は残せていません。最高クラス到達を狙いたいなら、ショープスコイアなどへの組み換えを目指すのが良いでしょう。

自傷スケリッジ

リーダーカード

ゴールドカード




シルバーカード






ブロンズカード






特徴

 スケリッジの初期カードを最大限に活かし、低予算で組めて、かつ扱いやすいデッキです。大型のユニットを並べて力強く戦います。スケリッジの特徴である「復活」を活かしたギミックも組み込まれています。

カード生成優先順

    シグルドリファ > ディムンの軽量ロングシップ > ディムンの海賊長 > 蘇生 > 狂戦士の賊徒 > ディムンの私掠船員 >> ゲラルト:イグニ

 シグルドリファはシルバーカードですが、初期デッキに追加するだけでもデッキパワーが上がる非常に強力なカードなので優先順位を高くしました。

戦い方

 マリガンではディムンの海賊長ディムンの軽量ロングシップが手札に合わせて2~3枚になるようにします。フラヤの女司祭ディムンの私掠船員は序盤使いにくいカードなので優先的にデッキに戻します。ローチはもちろんデッキに戻します。シグルドリファが引けている場合にはジュッタ・アン・ディムンもデッキに戻します。
 1R目はディムンの海賊長を出してその左隣りにディムンの軽量ロングシップを呼び出す動きからスタートするのが理想です。ディムンの海賊長がない場合はまず何かユニットを出して、次のターンにその左にディムンの軽量ロングシップを出します。
 ディムンの軽量ロングシップが手札に残っている場合は順次出していきます。このとき、既に場に出ているロングシップの左隣りに出すことで、焦土ゲラルト:イグニの被害を抑えられます。
 ロングシップを出し終わったら、それらの右隣りに他のユニットを出して(アン・クライトの戦士は他の場所でも良い)、ダメージを受けたユニットを盤面に増やしていきます。その後に狂戦士の賊徒を出すことで高い打点を出すことができます。
 ディムンの軽量ロングシップやその他のカードで相手の点数を上回れないときはリーダーのクラフ・アン・クライトでテンポ(瞬間的な打点)を出しましょう。
 ヤルマール・アン・クライトが生み出すトークンを倒せるのはトリス・メリゴールドオルガー・ブラックハンドヴェダメカーの3枚のみです。無駄遣いしないようにしましょう。
 オルガー・ブラックハンドは、クラフ・アン・クライトから出したユニットをベースアップするのが狙いです。最終ラウンドにシグルドリファフラヤの女司祭でそのユニットを復活することでゴールドカードに匹敵する点数を出すことができます。
 蘇生ディムンの海賊長に使います。こちらもゴールドカード並の点数を出すことができます。

デッキの改良

 このデッキの勅令トリス・メリゴールドヤルマール・アン・クライトの3枚はセットになっている意味があるので、入れ替えるときはまとめて入れ替えることをオススメします。
 このデッキは、そのまま自傷(呪縛)スケリッジとして完成させることも出来ますし、大剣スケリッジ古参兵スケリッジに移行することもできます。

密偵ニルフ

リーダーカード

ゴールドカード




シルバーカード






ブロンズカード





特徴

 密偵ニルフは初期カードをベースにしたときに一番組みやすいニルフガードのデッキです。しかし、プレイ難易度が非常に高いデッキでもあります。したがって初心者向けのデッキとしてオススメするのは異論がありそうですが、グウェントの面白さが詰まったデッキだと思うので、ある程度カードゲームに慣れている人にはぜひ使ってみてほしいです。

カード生成優先順

    禁衛旅団 > 禁衛旅団の重装弓兵 > 使者(三枚目)> シラク >アシーレ・ヴァル・アナヒッド > ゲラルト:イグニ > ダンディリオン:詩人

戦い方

 マリガンではなるべく多くの使者禁衛旅団の重装弓兵がほしいです。デッキに戻さなければいけないユニットはローチだけです。ブラックリストを最大限に活かしてゴールド・シルバーを引きに行きましょう。
 1R目ですが、このデッキはロングラウンドに強く、かつ自分から動けるカードが少ないため、先行の場合即パスが有力です。
 後攻の場合の1R目や、1R目を即パスした2R目は、禁衛旅団の重装弓兵からスタートするのが基本です。その後、使者でデッキを圧縮しつつ潜入工作員デイスウェン師団の弩弓兵禁衛旅団の重装弓兵と組み合わせて相手の厄介なユニットを除去していきます。
 禁衛旅団は相手の場に2枚以上密偵が出ている状態で出すことでアルズールの雷撃により除去されるのを防ぐことができます。また禁衛旅団焦土でまとめて燃やされないように戦力値をずらして並べましょう。
 トリス・メリゴールド禁衛旅団の重装弓兵と組み合わせることで相手の厄介なユニットを除去することができます。無駄遣いしないようにしましょう。
 禁衛旅団の重装弓兵禁衛旅団が複数枚出ている状態で戦力値をリードしている場合、カンタレラで手札差をつけたり先手後手をひっくり返したりできる可能性があります。決まれば勝利がぐっと近づくので積極的に狙いましょう。
 ヨアキム・ド・ヴェットはこのデッキの切り札です。焦土小縮魔術に弱いので最終ラウンドの最後に切るプランで動きましょう。
 アシーレ・ヴァル・アナヒッドの使い方は難しいですが、初めのうちはローチをデッキに戻して再利用すれば大丈夫です。気になる方は、かなり専門的になりますが、錬金ニルフ完全ガイドを参考にしてみて下さい。

デッキの改良

 デイスウェン師団の弩弓兵ヴィコヴァロの衛生兵に入れ替えることで「密偵エンジン」が使えるようになります。これは相手の場に出した使者禁衛旅団の重装弓兵で即座に墓地に落とし、その使者ヴィコヴァロの衛生兵で復活させまた禁衛旅団の重装弓兵で墓地に落とす…を繰り返すことでデッキ圧縮と禁衛旅団のブーストを進める動きです。使いこなすには習熟が必要ですが密偵ニルフ特有の面白い動きなので、慣れてきたらぜひ採用してみて下さい。
 密偵ニルフの完成形は現状あまり人気はありませんが、根強いファンも多く、過小評価されているデッキのひとつだと筆者も考えています。ぜひ密偵ニルフでトップランクを目指してみて下さい。